それはとても晴れた日で。。。

未来なんていらないと想ってた、うつと戦う18歳のブログ。

祖父母が亡くなった時のお話。

今日は祖父母が亡くなった時の話をしようと思う。

僕の父型の祖母は昨年の7月、祖父は12月に亡くなった。

とにかく僕を甘やかすような祖父母で、小さい頃から仮面ライダーが好きだったので、祖父が新聞で作ってくれた剣でバシバシ叩いたり、無理やりおんぶしたりととんでもないことをしでかしていた。僕が死んだらしっかり頭を下げて謝らなければいけないと思っている。会うたびにお小遣いをくれた。周りの孫は既に皆社会人として働いていたため、小さい孫は自分一人だった。だから物凄い額のお小遣いをもらったと思う。それに加えてお年玉もかなりの量をもらった。僕自身ケチない性格なのでだいたいは貯金をしているのだが、相当な額であろう(相当な額であることは間違いなく、金額を知った拍子にはそのお金で大人買いやら無駄遣いをしそうなので、親に「まだ言わないでくれ」とお願いしている)。

僕が鬱になった時も、顔だけは見せるようにした。

両親がどこまで僕のことを話したかは知らないが、「無理はするな、ゆっくりしろよ」と気にかけてくれたのを今でも覚えている。

これはあくまで僕の偏見だが、昔の人というのは、精神疾患は甘えだとか、そういう考えだと思っているので、少し驚いた。

僕は治療をしていき、通信制高校に通い、受験することになった。

その夏である。

祖母が急に体調を崩した。

それから亡くなるのはすぐだった。

父は「祖父が心配で、ずっと我慢してたんじゃないか」と言っていた。

祖母が亡くなったというのは、正直実感が湧かなかった。

そもそも、僕の周りの身近な人を亡くした経験が一度もなかったからだ。

喪服を始めて身に付け葬式会場に行った時、衝撃を受けた。

祖父が見たこともないくらいやつれていた。

「おお、(僕の名前)。しっかりお別れしてくれな」と言った時の祖父の目は赤く、口調も弱々しかった。

その姿を見て、涙が出そうになった。

後から「ああ、人が亡くなるというのはこういうことか」と実感した。

人が亡くなるということは、こういうことなんだ。

それから、祖父は急速に認知が悪化していった。

夏の終わりから秋にかけて両親が介護に行っていたが、体調を崩し入院した。

お見舞いに行った時、とても痩せ細っていて息をするのも苦しそうだった。

そして、お世話をしてくれる看護師に対し、しきりに「ありがとう」「悪いな」と呟いていた。

父はのちに「"ありがとう"って言葉を、一番言いたかった婆さんに言えなかったんだな」と言っていた。

そして、12月に亡くなった。

祖母が亡くなった時の告別式は、僕が脱水症状を起こして参加できなかったのだが、

祖父の告別式には参加し、ご遺体と対面した。

ご遺体を見た時、正直、かなり不謹慎だと思うのだが、

「口開いて寝てるじゃん」と思ってしまった。

それは、揺すったら起きるんじゃないか。

そんな感じのニュアンスだった。

当然起きるはずもなく、火葬をしてもらいその日は終わった。

それからは大学や上京の準備でバダバタとしていて、祖父母のことを思い出す、ということはあまりなかったのだが、

最近、ふと彼らのことを思い出す時間が増えてきている。

多分、上京し、たくさんの初めてに触れ、祖父母に話したい!と思うからだと感じている。

こんなことあったんだ!あんなことも!って。

もっと話しておけばよかったのだろうか。

そう考える日もあるのだが、その当時は病んでいたり、受験などで目新しい発見もなく、話したいことなんてろくになかった。

今になって、話したいことが積み重なっていって、それらが行き場もなくとっ散らかっている。

なんともやり切れない気持ちになる。

祖父は酒を飲んだのだろうか。

僕は酒は人生で2回しか飲んだことがないのだが、

祖父との晩酌してみたかったなと、今になって思う。

祖父母は確かに亡くなった。

が、僕の心の中では普通に存在しているし、これからも消えることはないだろう。

僕が死んでも、僕のことをいつまでも忘れないような人。

誰か一人でも、そんな人を作ることができたとしたら、僕の人生は意義のあるものだったと、心の底から思う。

祖父母の家も片付けが終わって、売り払われているのだろうか。

もうそこには何もない。

心の中にしか存在しない。

でも、心の中にだけでも存在しているなら、記憶を辿って会いにいけばいい。

そしていつか僕が死んだ時には、のんびり酒でも飲みましょー。

んじゃバイバイ、またねん。

気長に待っててなー。

 

Lemon

Lemon

  • 米津玄師
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

 

Reborn。


Reborn

 

愛する心が どんな色であっても 優しい気持ちだけで 夜は明けていくよ」

つじつま合わせるだけで精一杯の 不細工な毎日を 僕らは生きていくのさ」

 

 

今日の曲はSyrup16gの「Reborn」。

それでは日記に。

 

 

最後にブログ書いたのいつだっけ。。。

なんて思って日付見たら12月29日と、随分前だなあなんて思いました。。。

どうもです、実家に帰省するが如く書き上げるブログです。

というのも、暇で暇で仕方なくて、他に時間潰せることないかしら。。。

という感じでポチポチ文字打ってます。

皆さん、生きてますか。

僕はですね、上京して今一人暮らしをしています。

3月の中頃から一人暮らししてるんですけど、

いやあ、緊急事態宣言。

僕自身「出すの遅くね?」って感想だったのですが、

両親はかなり心配らしく「実家に帰省したら?」と。

いやいや、この時期に帰省はねぇ。。。

気持ちはめちゃくちゃわかるんだけども。。。

ってなわけで、断って一人暮らし続行中です。

大学はオリエンテーション、入学式その他もろもろ無くなってしまい、

それだけならまだよかったのですが、

自分一人で時間割を組んだり、

教科書を注文して、ネットで提示された課題を進めなければいけないという。

いや、課題とか出すなや。 

僕含め皆混乱してるわ(ツイッター調べ)

って具合でまあまあモヤモヤしてます。

それにしても、いやーツイてないっすね。

鬱をなんとかそこそこまで回復させ、通信制もやっとの思いで卒業し、

自殺もよぎった受験も乗り越えここまできて、

さあ!外の世界へ!!!

って思ったらこれですからね。。。

本当人生何が起こるかわからない。

でも、僕としては投げやりとかにはなってなくて。

不要不急の外出は控えろって言いますけど、

僕は16歳の頃から引きこもりをしてたわけで。

そこんとこ舐めんなよ、と。

こっちは引きこもりのプロだぞ、と。

ってなわけであつ森やったり、筋トレしたり、読書したり、料理したりしてます。

そうそう、1年で15キロ痩せたんですよね。

一昨年の11月からダイエットを始めて、その時は確か70キロとかだったんですけど、

去年の11月に54キロとかで。

ちょっと細すぎないか。。。?

なんて思ってて、あと1キロくらいは増やそうかしらなんて思っています。

読書は、主に北杜夫太宰治最果タヒなどを読んでいますね。

三島由紀夫とか芥川龍之介とかも読みましたなあ。

料理もしてます。

1ヶ月前は一人で目玉焼きすら作れませんでした(ガチ)

現在は、うーんできるってほどじゃないですけど、

昨日は春キャベツと豚バラを醤油で煮込んだりしました。

充分進歩してると思います。

自炊は何がオススメなのだろうか。。。

よかったら教えていただけると嬉しいです。。。

ってなわけで、暇といえば暇なんですけど、

割と充実してます。

ご飯も毎日美味しく食べられてます。

ご飯を美味しく食べられるってものすごく重要だと思ってて、

調子悪い時って、ご飯って味しないんですよね。

いや、味はするけど、なんというか、反応しないというか。

美味いもまずいも認識しないんですよね。

だから、ご飯を美味しく食べられている。

今はこれ以上の幸せはないかな〜なんて考えています。

自分で言うのもなんですが、

どん底をずっと彷徨い、死に損なって今日まで息を吐いているので。

コロナが収まるまでは、暇を噛み締めて生きていこうと思います。

どうせコロナが過ぎたら忙しいなんてもんじゃないと思うので。

人の汚い部分がよりくっきりと浮き出てしまう時期ですが、

ご飯をしっかり食べて、尊敬する人達のことを考えて過ごしてます。

どうしてもしんどかったら寝ます。

ってな具合ですね。

さ、あつ森やりますか。

ではではー。

 

 

プリズムキューブ。

 

 

「伝えなきゃ いけないことが まだまだ、あるって思うんだ 使い捨ての言葉たちだ
何か あったかなぁ」
 
 
今日の曲はヒトリエの「プリズムキューブ」。
それでは日記に。
 
 
あ、えっと、その、お久しぶりです。。。
20歳になりました、くろです。
恐縮です。
約半年振り?の更新ですかね...?
そうだなあ、何から書けばいいかわからない。。。
あのですね、まず、大学の第一志望合格しました。
来年春から東京で一人暮らしします。
将来は、不登校の人たちの支援をしたいと考えています。
通信制も卒業しました。
病気は、今薬を減らしている最中で、
最終的には薬ゼロで生活できるようになりたいと思っています。
何でわざわざ約半年振りにブログ書いてんねんって話なんですけど、
ブログの読者さん達に、伝えたほうがいいんじゃないかと思いまして。
恐らく皆僕のことを忘れてると思うけど、
久しぶりにポンっと購買中のブログに上がって、
この合格報告を読んだら、
ちょっとでも嬉しい気持ちになってくれるんじゃないか。
なんて思ってこの文章を書いております。
読書の方たちには、かなり優しくしていただいたからね。。。
てなわけで、皆さんはどうなんですか?
生きてますか?
もう、生きてて辛いことと毎日向き合ってりゃあ十分ですよね。
僕はこの一年、自分で言うのもあれだけど、
かなり、前進できたと思ってます。
実際にそれが形にもなっています。
でも、とても、とても辛かった。
今年はひたすら我慢でした。
で、受検が終わって、我慢から解放されたはずいいのだけれど、
何をしたらいいかわからない。。。
やりたいことも特にないし、何がしたいかわからないし。
ただ有り余ってる時間を消費していくだけの毎日はしんどいです。
時間が有り余ってると、
過去のことも思い出します。
大嫌いなアイツはまだくたばっていないか、
初めて付き合って嫌いになった女性は今も笑っているだろうか、
とか。
高校の頃の夢も見ます。 
未だに体育の時間割を見て怯える夢です。
辛いことってのは、多分一生忘れてくれません。
この先も、ずっと、ずっと、
背負っていくんでしょうね。
ただ、僕はふたつ救いがあると思っていて。
ひとつは、心臓が止まればその痛みも消えるということ。
痛みは必ず消えます。
自殺しろと言いたいんじゃなくて、
あくまでも、痛みにも永遠はないという考えです。
ふたつは、誰かの笑顔を見ると、
くしゃっとなるんですよね、僕の心。
つまり、誰かの笑顔で、僕は救われた気持ちになるんですよね。
なんだろうな。
僕はあなたのその顔を見るために産まれてきたんだ!
みたいな。
その笑顔の記憶を積み重ねていけば、きっと、僕もあなたも幸せになれるんじゃないか。
そんな風に考えているんです。
だから、大丈夫、大丈夫。
音楽と僕は離れていても味方だから。
って、伝えられる大人になりたいです。
ふー、久しぶりに文章書くと疲れますな。。。
また、気が向いたら更新します。
それは明日かもしれないし、半年後かもしれないし、
もしかしたら二度と来ないかもしれないし。
まあ、年末年始はゆっくりしましょー。
 
 
 

泡色の空に。

 

 

 

泡色の街

泡色の街

  • provided courtesy of iTunes

 

 

今日の曲はヒトリエの「泡色の街」。

それでは日記に。

 

 

 

「もう死んでも悔いはないな。」

と考える時間がより増えた気がする。

単願で後がないんだから勉強しろよって話なんだけど、

もう今日は何をやってもダメだ。

いや、自分が勝手にダメだと感じてしまえば、本当にダメになっていることぐらいは知っている。

ただ、この考えが頭をよぎってしまうともうダメだ。

もし朝によぎってしまえば、その日一日を棒にふる。

それくらいの破壊力なのである。

以前親しい人と電話をした時に、

「私はもう十分生きたからいつ死んでも悔いはないな〜」というのを聞いて、

すごく悲しくなったことがある。

僕は確か60だか70まで生きてくれと頼んだ気がするのだが、

その後の会話はイマイチ覚えていない。

でも、最近ふと考えると、

別に僕も今死んでも悔いはないなと思う。

特に何かを残したわけでもなく、

誰かにとって特別な存在になれたわけでもなく、

何物にもなれていない人間なのだが、

まあ、いいかな。

そんな気分になる。

正直やりたいことはいくつかある。

あるにはあるのだけれども、わざわざ生きてまでやろうとは思わない。

もし今文章を書いている途中に死んでしまったとしても、僕は未練を残すこともないだろう。

死にたいわけではない。

が、生きていたいわけでもない。

シュっと泡のように消えてしまいたい。

疲れたというよりは飽きた。

十分苦しんだよもういいよねってなる。

僕は人が大好きだけど、

そんな人の汚いところも怖いところもたくさん見てきたし、現在進行形で今も見てる。

好きなことも嫌いなこともずっとやってればいつかは飽きる。

だから人生に飽きても何ら不思議ではない。

ゲームみたいにパパッとデータを消せたらなあ。。。

 

 

 

 

成長痛。


【MAD】 聲の形 『恋と病熱』

 

 

今日の曲は米津玄師の「恋と病熱。」

それでは日記に。

 

 

 

 

 

最近時が経つのがやけに早いと感じる。

朝起きて勉強をし、飯を食い勉強をすれば日が陰っていて、

気がつけば6月も終わろうとしている。

やれることは全てやってきたはずなのだが、

「果たして今僕のやっていること、いや、僕の命存在そのものに意味はあるのだろうか。」

と考えるようになった。

中学の頃陸上をやっていたのだが、

同級生にとてつもなく嫌いな奴がいた。

入部当初はそいつの方が少しタイムが速かったのだが、

中1の夏くらいにそいつを抜いた。

それからそいつは成長痛が起こったらしく、タイムも思うように伸びなかった。

一方の僕は故障も何もなかったのでタイムは順調に上がっていったのだが、中2の夏くらいだっただろうか。

そいつの身体の調子が良くなり、メキメキとタイムを伸ばしあっという間に抜かれてしまった。

僕はその時期からタイムが全く伸びずに、低迷し続け結局巻き返すことができないまま引退した。

成長の過程には、何らかの痛みを伴うものであり、それは必然なのだと僕は勝手に思っている。

これもまた、成長痛なのだろうか。

だとしたら、この成長痛がとれた時、僕は一体どこへ行ってしまうのだろうか。

想像を超えるような、どこか遠くへ行ってしまいそうな気がしてならない。

どこか遠くへ行ってしまった時、

僕は「ああ、この道でよかったんだ。」と思えるのだろうか。

ただ、僕が苦しんだ時間、

誰にも理解されなかった孤独、

届かなかった叫びは必ず意味のあるものだと思いたい。

たとえ誰にも届かなかったとしても、

その時間を僕は覚えてる。

その瞬間僕は間違いなく生きていたのだから。

そこに存在している限り、僕の命も、あなたの存在も意味があるんだと、

信じたい。

大丈夫大丈夫。

こんな世界大嫌いだけど僕は生きてるし、

あなたのことを許してくれる人は必ずいるよー。

 

 

 

アン=サリヴァンの休日。

 

アン=サリヴァンの休日

アン=サリヴァンの休日

  • 古川本舗
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

何もない日々へ 想いを寄せ合って  このままじゃあ いられない“みたい”だ。 

それで何かを変えたいと言えるなら。」

 

 

今日の曲は古川本舗の「アン=サリヴァンの休日」。

それでは日記に。

 

 

お久しぶりです。。。

やめよう、今日はカッコつけた文章書くのはやめよう。

疲れた疲れたぬおおおおおお。

いや、もうね。

疲れた。

何もしたくない。

マジで。

前はうつだ〜死にたい。。。

って感じだったんですけど、今はなんか燃料切れって感じですね。

ブログを放ったらかしにしていた間色々なことがありました。

例えば、5月〜6月の間に東京3回行きました。

日帰り新幹線で。

そのうちの1回はオープンキャンパスなのです。

いい大学だったなあ。

なんかイキったチャラい奴らいなかったし。

むしろこの雰囲気は同類じゃないかって感じの人たちばかりで、この大学目指すぞって感じなのですが。。。

疲れたね。

いや、自分がここまでできない人間だとは思ってなかった。

確かに、本腰入れて勉強始めたのは3月で、

それまではペンなんてロクに持ってなくて、

うつで引きこもりの間は1年半くらいは全く勉強はしなかったし。

過去問もようやく手に入れて、やるぞ!って思ったら、

「全然わからんちん。。。」

当たり前だけどさあ。

凹むね。

この程度の問題わからんの。。。ってなるんですよ。

問題の難易度は読めばなんとなくわかります。

基礎中の基礎を聞いてるんだなって感じなんですけど。。。

「え、自分ここまでできないんすか。」

って結構引いております。

本来は、こんなところで文章垂れ流してる場合ではなく、

早急に勉強しなきゃいけないんですけど。。。

体が動かない。

心も全力で拒否する。

それでも机に無理矢理向かわせてたら無気力になってしまいました。

もう、何もしたくない。

ずっと寝てたい。。。

できれば綺麗なお姉さんに頭撫でられたい。。。

わかってるんです。

今やるべきことは勉強ということくらいは。

でも、全力で拒否反応示されてお手上げです。

疲れた。。。

なんか、ポジティブに締めようとしたけど何も浮かんでこねえ。

つか締まらねえ。

僕の心が今とっ散らかってるから綺麗に終われるわけもねえ。

休みをください。

 

 

 

 

 

明け方のキッチンにて。

youtu.be

 

 

そのすべての夜に意味はある、そう信じてやまないんだよ」

また一歩足を踏み出して  あなたはとても強いから  誰も居ない道を行ける」

 

 

今日の曲はヒトリエの「ポラリス」。

wowokaさん、ヒトリエの音楽が僕は大好きです。

それでは日記に。

 

 

僕はいわゆる、「世間一般」とは外れた変わり者だな。

というのを最近改めて実感している。

特にその感覚を引き起こす引き金があったわけではないのだけれど、

なんとなく、そうなんだなあと。

それが自分なんだと割り切れればいいのだけれど、

そう割り切れず多数派に当てはまらなければいけないと縛り付けているの自分をどうにかしたい。

ただ、多数派のことが好きかと聞かれると声を大にして「ノー」と言いたい。

むしろ大嫌いだ。

ヘラヘラ何も考えず笑ってる奴らとは関わりたくないし、

僕みたいな人間とも関わりたくないだろう。

昨晩の電話で言われた、

「何で嫌いな人になろうとしてるの?」という言葉が妙に今の僕の心に残っている。

それは多分、

多数派の方が強く、少数派は笑われるからだ。

僕は昔からプライドが高く、

笑われるのが本当に嫌だった。

でも、僕は周りと比べると変わり者だったし、ものすごく不器用なので、

「しょうがない、皆が笑ってくれるのならそれでいいか。」

と自分なりに努力して生きてきたつもりだ。

その名残からか、多数派にどこか憧れを抱いていて、

ああいう風に生きられたらどれだけ楽だろうと考えた夜は数知れない。

じゃあ、今の僕は今の僕が嫌いなのかと聞かれると、

最近おかしなことにそうでもないのである。

なんだか、自分で自分が笑えてくるのだ。

コイツは一体何を考えてるんだろう、と。

ネガティブな考えが一周回って、おかしくなってゲラゲラ笑いだすことがある。

だがそれ以上に、

僕のことを好きでいてくれている人間のことが僕は好きなのだろうと思う。

こんなキャラクターを愛してくれる人もいて、

それはとても面白いことだし、なんかぐっとくるものがある。

あと、僕は純粋に僕の未来が楽しみだ。

僕のような人間は、果たしてどんな道を旅しどんな人と出会い、

どんな場所で果てるのだろう。

と。

引きこもって泥のような生活をして思った。

僕は人と接しないとダメなのだ。

死んでしまうのだ、僕という人間が。

それはまだ、早い気がする。

今の僕にできることがある。

未来の僕にできることがある。

だって僕は「世間一般」と外れた変わり者なのだから。

そこに僕の好きな人たちが隣にいてくれたら、

どれだけ面白いだろうと思う。

だから、僕ら果てるのはまだ早い。

あなたが僕の隣で微笑んでくれると、信じてやまないのだ。