読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それはとても晴れた日で。。。

未来なんていらないと想ってた、うつと戦う17歳男子のブログ。

昔話。

少し、、、昔話をさせてください。

僕には、以前仲良し3人組の女子がいました。

その3人組は、僕とも親友でした。

3人とも周りと少し変わっていて、だからこそ惹かれ合う部分があったのかなと思います。

いつも仲良し、いつも一緒にいる3人組。

A、B、Cとしますね。

そして、僕の男友達をDとします。

2月のある日、僕はAにバレンタインデーにBの家にDと一緒に行くように言われました。

バレンタインデーの日、Dは都合が合わなくて僕だけが行くことになりました。

行くと、BとCが待ち受けていました。

どうやら、チョコを渡したかったようです。

本命の。

Bは僕に、CはDに。

僕はBからチョコを受け取るも、彼女のことを親友だとは思っても恋愛感情はありませんでした。

Cは後日Dに渡すことになりました。

そこまではよかったんです。

ある日、歯車が壊れ始めます。

僕とCでとても盛り上がる話をしました。

2人とも大爆笑。

とても仲良く2人きりで話をしていました。

それが、、、気に入らなかったのでしょうか。

ある日、AとBはCを無視し始めます。

大声で悪口を言います。

Cは聞こえないふり。

僕も、わけがわからず、まずBに話を聞きました。

「私、元からあいつ嫌いだったんだよね」

Aに話を聞きました。

「あいつ、クソ野郎だよ。Bがあんたのこと好きだって知ってるのに、仲よさそうにするのを見せびらかして。根性腐ってるんだよ」

Cは、無視される原因は全く思いつかなかったそうです。

Cは孤立していきました。

僕はAとBに仲直りするように求めました。

担任の先生とも話をしました。

でも、、、何も変えられませんでした。

何も変わらなかった。

Cは1人になって、クラスのアルバムをもらった時、

「こんなもの、すぐに捨てるよ」

この言葉がすごく悲しくて。

こうして、AとBグループからCは追い出されました。

今思えば、Aも僕のことを好きだったのかもしれません。

でも、Bに譲ったのかもしれません。

だからこそ、許せなかったのかな。

悲劇のヒーローになりたいわけじゃない。

自分がモテていたことを自慢したいわけじゃない。

ずっと、、、ずっと後悔してる。

もっと何かできたんじゃないか。

踏み込みが甘かったんじゃないかって。

本当に何もできなかった。

人との繋がりって、力がないと守れないと思うんだ。

今の僕に、その力はありますか?

すごく怖い。

今の仲間が、あの時のように離れていくのが。

すごく怖い。

いつまでも、いつまでも一緒にいられるだろうか。

僕は交流会のあのメンバーが大好きだ。

このブログを読んでくれる人たちが大好きだ。

だからこそ、守りたい。

でも守れる力なんてあるのだろうか。

人との繋がりを失うのが怖い。

怖いんだよ。

いつまでも、いつまでも、いつまでも。。。

いられないのかもしれない。

それが運命なんていうんだったらぶっ壊してやりたい。

でも、壊せずに、うずくまることしかできない自分しか思い浮かばない。

今の僕に、大切なものを、守る力はありますか?

皆、そばにいてくれますか?

そばにいてくれるだけの力が、僕にはありますか?

失うのが怖いなら、繋がりなんて切ってしまった方がいいですか?

なくすくらいなら初めから、キツく目を閉じていたのに。。。