それはとても晴れた日で。。。

未来なんていらないと想ってた、うつと戦う18歳男子のブログ。

交流会 7/24。

今日は少し曲なしでいきます。

暗い話題というより、真面目な話題です。

 

 

今日は交流会がありました。

前回は20人は軽く超えていたのに対し、

今日は16人と少なめでした。

普段通りに進んでいったのですが、

休憩中に僕の知らないところで参加していた方が調子を悪くしてしまったんです。

何が何だかわからない中、事情を知っている方たちが別室に連れて行ったり看病したりと、色々と動いていました。

その方が帰る時に僕はたまらず、

「次も、来てください。」

こう言いました。

なんかこの出来事でもう交流会に来てくれなくなることが怖くって。

そこは自分なりに勇気を出したつもりです。

看病していた方からは「ありがとうございます。」と言われました。

ただ一言しか声かけられなかったのに。

そのあとそれを見ていたピアスタッフの方に「偉い。」とも言われました。

でも、心残りばかりです。

まず、自分がこの時に動けなかったこと。

これがすごく悔しかったです。

仲間なんだから支えてあげるべきなのに何もできなかった。

これがすごく悔しかったです。

そして、もし自分も看病していたら、後悔はしなかっただろうか。

こう考えました。

ももし後悔しなかったのなら、

それは自分の自己満足なんじゃないんかと思うんです。

自分は支えることができた、それで満足。

自分は支えることができなかった、悔しい。

人を助けるつもりが、いつの間にか自分を助けることになっている。

裏返すと、自分の満足のために人を支えることになってしまう。

これってなんかおかしい気がするんです。

僕はただ仲間を支えたい。

それ以上もそれ以下もない。

これだけだと思っていました。

でも今日の後悔で、もしかしたら、

自分が人を支えることは、結局自分のためでしかないのではないか。

こう思うんです。

もしそうなら自分はどれだけ汚い人間なんだ。。。

なんかすごく悲しくなりました。

僕の言葉の説得力もなくなってしまいます。

でも悲しくても、自己満足でも踏み込んで生きていきたい。

結局支えることが自己満足で、そのことに自分が気づき傷ついたとしても、

支えてあげるべきだ。

今2つの考えが真っ向からぶつかっています。

うまく言葉にできないんですけど、

人を支えることは結局自分のため、

でも自分は支えたい。

でかい壁にぶつかってしまったように思います。

自分の行動は自己満足ではないのかという壁に。

ただ僕は純粋に人を支えたいんです。

自分を助けるに動きたいわけじゃない。

なんか悩みます。

何が正しいのかわからなくなってきました。

自分の信じてきた生き方が、正しくないのかもしれないのだから。

ただ、そんな僕でも、

今思うことは、

今日体調を悪くされた方は次の交流会も来て欲しいんです。

迷惑かけたなんて思わないで欲しい。

仲間が1人欠けるだけでもすごく悲しい。

居場所は間違いなくあるんだから、消えないんだから。

体調を良くして、また何事もなかったかのようにけろっと交流会に参加してくれることを願います。

この言葉も、結局は自己満足のために書いているのかなあ。。。