それはとても晴れた日で。。。

未来なんていらないと想ってた、うつと戦う18歳男子のブログ。

学校が怖い、未来が怖い。

僕の通ってる高校もついに春休みに入ったようです。

ラインでは「皆ありがとう!」とか「楽しかった!」

と多くの人がクラスメイトとの別れを惜しんでる様子。

そんなこと僕からしたら知ったこっちゃないって話ですけどね。

今のクラスには何の愛着もないので。

 

 

僕は休みをもらってから今まで自分なりに精一杯生きてきたつもりです。

学校にも通えるように精一杯休んだつもりです。

 

 

でも怖い。

すごく怖い。

学校が、未来が、全てが怖い。

 

 

離任式が30日、始業式が4月5日。

僕は学校、未来の事をなるべく考えずに生きてきた。

だって、今を精一杯生きることが僕のするべきことだから。

交流会でもそう教わったから。

 

 

でもね、時々夢を見るんだ。

学校の夢、部活の夢、全部僕が嫌な思いをしている夢。

起きた時の気分は最悪だ。

いくら逃げようとしても逃げ切れない現実。

 

 

そしてその現実は着々と近づいてきている。

学校という名の現実が。

 

 

今を精一杯生きなきゃいけないのに、

日付が進んでいくたびに考える時間が増えていく。

果たして僕は元気に学校に行けるのだろうか。

未来の僕は笑っているだろうか。

苦しい思いはしていないだろうか。

もう二度とあんな苦しい目にはあいたくない。。。

 

 

僕はね、元気に学校生活を送っている自分が想像できないんだ。

学校が怖い。もうトラウマになっている。

もう二度と行きたくない。ずっと引きこもってたい。

新たな一歩を踏み出す勇気がないんだ。。。

 

 

どうしたらよいかわからない。

でも死にたいとは思わなくなった。

だってそれが僕にとって一番大切な人達を悲しませることだから。

死んじゃいけない。

何が何でも生きなきゃいけない。

そう思うようにもなった。

 

 

だからわからない。

どうやって生きたらいいか。

せめて誰か僕に教えて欲しい。

勇気を出す方法を、新たな一歩を踏み出す方法を。