それはとても晴れた日で。。。

未来なんていらないと想ってた、うつと戦う17歳男子のブログ。

眠れない僕のひとりごと。

 

f:id:kurikinton1623206:20170712022503p:plain

 

 

眠れない僕のひとりごと。

時々、まさに今、

ふと死にたくなる時がある。

特に辛いことがあったわけでもない。

ただ、なんとなく。

なんとなく死にたいのだ。

なんとなく僕が死んだら、

一体何人の人が悲しんでくれるのだろうか。

僕が死んで、このブログの更新が途絶えて、

この世に残るとしたら、

一体どれくらいの人が、僕を覚えていてくれるだろう。

もしくは僕が死んだことをこれを読んでいる人たちが知ったら、

悲しんでくれるだろうか。

そんなことを、ぼんやりと考えている。

皆の、泣いてる顔が見たい。

そして、すぐに目を背けてしまいたい。

こんな僕はひどいやつだろうか。

僕は何のためにブログを書いているのだろう。

僕という存在を、この世に残すためだろうか。

うつの人たちに救いの手を差し伸べるためだろうか。

ぜーんぶ違うな。

ただ楽しくて、

ただ皆がスターを押してくれて、

コメントもしてくれて、

他の人たちのブログを読んで、

一緒に喜んで楽しんで悲しんで。

それが好きだからブログをやっているのだ。

このブログがなくなったら、

悲しんでくれる人はいるだろうか。

いたとしたら、嬉しい。

僕の存在が、生き続けた証になるから。

僕が死んでも、僕の想いは残る。

だったら死んでもいいんじゃないか。

そう思うんだよね。

どうなんだろう。

なんか書いてること支離滅裂。

でもいいや、これが今の僕なのだから。

皆の中で、生き続けたい。

そうするために、

結局僕は今日も明日もずっと、生きていくのだ。

ブログも、そうやって続いていく。

皆の中に、僕はいたい。

これを読んでるあなたの中に、

僕は存在していますか?