それはとても晴れた日で。。。

未来なんていらないと想ってた、うつと戦う17歳男子のブログ。

14歳。

10歳  小学生  君を笑わせることがただただ楽しかった

13歳  中学生  僕は君に恋をした

クラスは変わって  話もできなかったけど君が好きだった

14歳の春  君に告白しようとした

初めての朝  初めての告白  勇気を出した

名簿には

君の名前は

 

 

 

 

もうそこにはなかった

 

 

 

 

僕が知らない間に  僕の前から消えてしまった君

何も知らない僕がバカだった

足が震えた  声が出なかった 目を疑った  息が止まった  

立ち尽くす僕

とても滑稽に見えたでしょう

後から話で聞いたよ

県外の学校に転校したって

あんなに皆と仲良くしてたのに

こんなに寂しいことはないよね

ああ  僕は  好きと伝えられなかった

臆病すぎて  話もロクにできなくて

たとえ掴めない光でも  手を伸ばせばると思っていた

でも  伸ばすことさえ許されない

僕は  僕は  何を支えに生きたらいい?

 

 

 

君と偶然手が触れた時

この気持ちに気づくべきだった

なのに僕は君の照れる横顔を

横目で見ることしかできなかった

運命だなんて言いたくはないけど

遠い場所に行ってしまうなんて

君が「ありがとう」と言った時

僕は君に伝えるべきだった  ああ

 

 

 

14歳になってから  とても友達が増えたよ

今まで1人の朝が  あんなに賑やかになった

女子の友達もできたよ

でも何もときめかないんだ

君は遠くでもうまくやってるかな?

君のことだから必ずうまくやってるだろう

僕のことなんてとうの昔に忘れてしまって

それがすごく寂しくて

君の笑顔が好きだった

僕が少しおどけただけで

笑ってくれる君を見て  僕まで笑ってしまって

そんな君も  君も  もうここにはいない

 

 

君と偶然手が触れた時

これを必然と呼ぶべきだった

何も気づけない  自分の気持ちもわからない

僕は愚か者でした

運命だなんて言いたくはないけど

伸ばせる手を伸ばせなかったことに

僕はずっと後悔してたんだ

こんなちっぽけな手でも

 

 

 

いくら馬鹿げた話だろうと

僕の心は満たされない

いくら綺麗な女子だろうと

僕の目には映らない

いくらこれが決まっていたことだとしても

もう僕に支えはない

何を求めて生きればいい

僕の信じてた光が  なくなったとき

もうこんな日々はいらない

こんな日々は

もう二度とこんな日々は  ああ

 

 

 

忘れたくて  でも忘れたくなくて

君が  僕の横で笑ってくれてたこと

それが  それが  僕にとっての

唯一の生きる希望

 

 

 

君と偶然手が触れた時

なぜこの心は動かなかった

恋というものを知らない僕は  恋を知るのが遅すぎた

ただこれだけは聞いておきたいんだ

君の中に僕は生きてましたか

もう今更何を言ったって遅いから

思い出すのはやめておくよ

ずっと手を握っていたいほど

君が好きだった

さようなら  ああ

 

 

 

さようなら