それはとても晴れた日で。。。

未来なんていらないと想ってた、うつと戦う18歳男子のブログ。

カラフル。


僕が僕であるために - 尾崎豊|miwa COVER(カバー)(歌詞付き)

 

 

 

僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない  正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで

「僕は街にのまれて 少し心許しながら  この冷たい街の風に歌い続けてる」

 

 

今日の曲は尾崎豊の曲をmiwaがカバー。

僕が僕であるために」。

名曲ですねこれは。。。

しかもmiwaの声もよくて。

いいです。。。

「こんなに君を好きだけど 明日さえ教えてやれないから」という歌詞が高1のうつになりかけの頃に、

すごく心に刺さりました。

僕には何にもないですから。。。

というか尾崎豊はこの曲を16、17で完成させてるんですよね。

すげえわ。。。

なんか悟ってるわ。。。

それでは日記に。

 

 

 

今朝は何時に目が覚めたんだろう。

よく覚えてないけど、8時過ぎに起床。

洗濯物干して、ワンピース観ながら朝食とってました。

ワンピースはついにウォーターセブン編です。

ルフィとウソップの決闘が特に楽しみや〜。

いつも通り10時にお風呂場にこもり外郎売を。

今日も噛んでしまった。。。

でもですね、土曜日は初めて噛まずに言えたんですよ!

これは自分でもびっくりしました。

多分速度を少し落としたからかな。

慣れてきたらスピードを上げていこうと思います。

あと、バケモノの子のリハーサル。

クライマックスのシーンなので熱が入ります。

午後からはついに本番(録音)。

いや〜すごく頑張りましたわ。。。(笑)

お風呂場の鏡が熱気で真っ白になりました。

暑かった。。。

今日でついに、

 

f:id:kurikinton1623206:20170522182145j:plain

 

バケモノの子、主人公九太(蓮)。

全セリフお芝居完了です。。。!

まず感想としては、

序盤の9歳の声はさすがに出さなかったわ。

17歳の演技と聞き比べてみたけど、

喋り方は幼い気がしたけど声はほとんど変わってなかった。

うーん、もっと声の使い分けができるように頑張ります。

九太は今まで演じてきたキャラと比べると、

悩んだり泣いたり怒ったり、

すごい感情があっちこっちいって大変でした。

自分は人間なのかバケモノなのか苦悩するシーンとかすごい難しかったです。

それでも最後に答えを見つけるシーンはジーンときました。

「もう迷わねえよ、俺のやることそこで黙って見てろ」っていうセリフがもう。

楽しかったです。

そして次にやる小説は。。。

 

f:id:kurikinton1623206:20170529181920j:plain

 

森絵都さんの「カラフル」。

中1の頃から読んでるので、シワが目立ちますね(苦笑)

あらすじとしてはこんな感じ。

「ぼく」は一度死んだ、そんな僕は天使に「抽選にあたりました!」と言われ、「前世の過ちを償う」ために下界で誰かの体に乗り移って過ごす「ホームステイの修行」をおこなうこととなる。「ぼく」の魂は「小林真」という中学3年生の少年に乗り移り、「修行」が始まった。」

この小説の、天使で、下界での「ぼく」のサポート役。

「プラプラ」というキャラを演じようと思います。

主人公が「ぼく」で、プラプラはそのサポート役なので、

ぶっちゃけ悩んだりはしません。

むしろ「ぼく」はすごく悩んだりするんですけど。

ただこのキャラは、謎が多く(天使なので当然か)、飄々としていているキャラなので、

これまた演じにくい。

個人的な役作りとしては、

流暢な喋り、テンションの上げ下げをはっきり、(天界と下界では喋り方、テンションが違う)全て見透かしていて、それでいて「ぼく」を導くような演技ができたらと思います。

つか演じやすいキャラなんてひとつもないね。

流暢な喋りは苦手だ。。。

今までは必死に叫ぶシーンとか多かったから。

芝居も熱を帯びないというか、

むしろクールにやれたらいいなと思います。。。

頑張ります。

で、昼寝して16時頃起きて着替えてそのまま走りに。

寝起きランニングは体重いわあ。

そんな感じかな。

それでは今日はこの辺で。

ではでは。