読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それはとても晴れた日で。。。

未来なんていらないと想ってた、うつと戦う17歳男子のブログ。

信長協奏曲感想 / 日記。


信長協奏曲 Nobunaga Concerto OST 帰蝶のテーマ「Song for Kichou」

 

 

今日の曲は信長協奏曲より、

「帰蝶のテーマ」。

いやあ昨晩の映画信長協奏曲よかったですね〜!

面白かったですし、衝撃の展開ばかりでした。

覚えてる限りで感想書きます。

一応ネタバレ含みますのでご注意を。

 

 

 

初っ端はシリアスだったけど、すぐに信長協奏曲らしくギャグに持っていってくれて笑いました。

サブロー(信長)と帰蝶の変顔する姿が微笑ましい。

サブロー(信長)もドラマからかなり経験を積んだっぽく、

会議でも戦略についてうんぬん言ってたのですっげー。。。

って思いました。

ドラマ版では竹中半兵衛が主に戦略の要だったけど、

最終回で光秀と秀吉に殺されちゃったからなあ。

それに触れられてないのは、

病死ということで片付いたのと、

時が随分と経ったからかな?

サブロー(信長)が日本史の教科書を読んで、

「俺、もうすぐ死ぬんだ」と帰蝶に打ち明けるシーンがすごい切なかった。。。

帰蝶の言葉でサブロー(信長)が、

「俺と一緒に生きてください」はかっこよかったです。。。!

敵は本能寺にあり!!!」

これ予告でも思ったけど光秀じゃなくて秀吉が言うのね。

光秀が謀反を起こしたのかと思えば、

引き起こしたのは秀吉。

そして本能寺で死ぬのもサブロー(信長)ではなく、

光秀(本物の信長)。

これ全く知らない人が読むとわけわからんだろうなあ。。。

説明させてもらうと、

サブローが現代からタイムスリップ。

そこで自分と同じ顔をした織田信長に出会う。

そして信長に押し付けられ、サブローが信長をやることに。

そして本物の織田信長は顔を隠し、明智光秀として家臣になるわけです。。。

つまり僕の予想は、

サブローが信長になる→光秀(本物の信長)が謀反を起こす→光秀(本物の信長)がサブロー(仮の信長)を殺すという構図に→信長が信長を殺す。

となっていたんですけど、大きく狂わせられました。

まさか秀吉が復讐のために光秀を利用し、

光秀はサブロー(信長)と帰蝶のために殺されることになろうとは。

うん、ここまで書いたけどごちゃごちゃに散らかっててわけわからんぞ。

まあわからない人は、信長協奏曲、観よう!

まさかのラスト。

あと、家康のシーンは少なかったけど、

すごいいいキャラしてるなあ〜って思った。

家康「わしはもう、天ぷらしか喉を通らぬのです。。。」

サブロー(信長)「いや天ぷら通れば十分だよね。」

家康はドラマ版から全く貫禄がなく、

弱々しく、「脱糞おなご大名」と皆からバカにされるくらい酷い扱い。

でもそんな家康が僕は大好きです(笑)

サブロー(信長)「君は必ず天下に名を残す!」

まあをつらつら書かせてもらったので、

もう日記書かなくていいんじゃね?

と思うのですが、とりあえず書きます。

それでは日記に。

 

 

 

 

朝10時くらいには目が覚めるんですけど、

意識が朦朧としてなかなか起きれない。。。

気がつくと11時を過ぎてるのであります。

今日からまた散歩の日々です。

もう信長協奏曲再放送やらないし、

後ろ髪引かれることなく散歩に行ける。

ということで、いつも通り散歩レポートどぞ。

 

f:id:kurikinton1623206:20170117185931j:plain

 

本日の糖分。

 

f:id:kurikinton1623206:20170117185946j:plain

 

f:id:kurikinton1623206:20170117190035j:plain

 

海までの道中。

 

f:id:kurikinton1623206:20170117190138j:plain

 

f:id:kurikinton1623206:20170117190144j:plain

 

f:id:kurikinton1623206:20170117190150j:plain

 

f:id:kurikinton1623206:20170117190156j:plain

 

f:id:kurikinton1623206:20170117190235j:plain

 

f:id:kurikinton1623206:20170117190240j:plain

 

空が徐々に色づいていって綺麗でした。。。

まあ今日は感想で長い文章書いて疲れたので、

日記は短いけどこの辺で。