読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それはとても晴れた日で。。。

未来なんていらないと想ってた、うつと戦う17歳男子のブログ。

どうしようか。(皆さんに聞きたいこと)

 

こんばんは、くろです。

今日は悩みがあって、皆さんの意見を聞きたくて、この記事を書くことにしました。

以前、あるブロガーと接触を試みたことを覚えてる方は、いらっしゃるでしょうか。

事情を知らない方、覚えてない方は、お手数ですがこれらを読んでからお願いします。

 

kurikinton1623206.hatenablog.com

 

kurikinton1623206.hatenablog.com

 

 

 

 まあ要約すると、

僕は皆から嫌われてる、友達ができたことがないというブロガーさんと接触をしました。

しかし、そのやりとりはわずかコメント2回で途切れてしまいました。

なぜかというと、その方がブログのコメント欄にロックをかけたからです。

コメント欄をロック=接触ができない。

僕はひどく落ち込みましたが、

皆さんの助けもあって、

見守るという行動をとることにしました。

というより、見守るという行動しかできなくなってしまったわけですが。。。

しかし、その方のブログのコメント欄のロックが、今日解除されていました。

つまり、もう一度接触ができるというわけです。

ここで皆さんに意見をお聞きしたいです。

どういう選択をとったらいいのか、正直わかりません。

もう一度接触をとるべきなのか、それとも見守る選択を続けるべきか。

「踏み込みすぎることは時に人を傷つけてしまうことがある」

こんな言葉をいただきました。

まさにその通りだと思います。

優しさや思いやり、綺麗事だけでは人を支えることができません。

僕がその方にコメントを再びすることで、

ストレスの発散場所を奪ってしまうことになってしまうかもしれない。

でも、なんでコメントのロックを解除したのか。

もしかしたら、また誰かとの交流を望んでいるのか。

それとも、ただ、深い意味はないのか。

後者だったら、僕がコメントをすると、

その方の居場所をなくしてしまうかもしれない。

居場所をなくしてしまうのだったら、コメントをするべきではない。

でも、前者だったら。

もし、誰かとの交流を求めていたのなら。。。

僕にはわかりません。

「かもしれない」の世界です。

でも、僕は皆さんの力を借りたいです。

僕はもう一度踏み込むべきなのか、

見守り続けるべきなのか。

難しい問題だと思います。

どうか、皆さんの意見を聞かせてください。

よろしくお願いします。