読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それはとても晴れた日で。。。

未来なんていらないと想ってた、うつと戦う17歳男子のブログ。

うつになって1年。

自分について


Daniel Powter - Bad Day (Live)

 

 

「そう 青空の休日が必要だよね   みんなが君の話を聞いて笑うんだ がんばる必要なんてないんだ」

「時々世の中がおかしくなってて  なにもかも上手くいかないことだってある   取り返しがつかないかもしれないし  でもうまくいくかもしれない きっとそうなるさ」

 

 

「ついてなかっただけさ」

 

 

今日の曲は、ダニエルパウダーの「Bad Day」。

すっごくいい曲です。

神曲です。

何か悩んでる人はこの曲を聴いてみてください。

何も見つからないかもしれない。

道は開かないかもしれない。

でも、きっと、少し体が軽くなる。

そんな曲です。

和訳も貼っときます。

caffe.takat33.com

 

それでは、内容に。

 

 

 

えー、こういう時なんて始めたらいいんだろう。

おかげさまで?

いや、皮肉に聞こえるよね。

なんて始めようかな。

おめでたいことでもないような気がするし。。。

まあいいや。

普通に始めようかな。

僕は、うつの症状が出始めてから1年が経ちました。

正直、どこからがうつだったのかはわかりません。

でも、自覚を持ち始めたのは9月の終わり〜10月あたりでした。

だからそろそろ1年です。

手が震え出したのはいつ頃だろう?

覚えてないや。

とにかく、1年、1年経っちゃいました。

1年も戦ってたのかと思うと、すごいなあと思いつつも、なんか実感が湧かない感じです。

うつになってから、1年。

1年かー、長いなー。

2〜3ヶ月で治ると思ってた。

もっと早く元気になると思ってた。

部活も勉強も恋愛も、またうまくできると思ってた。

結局、何一つうまくいきませんでした。

たくさん、大事なもの失っちゃいました。

もう戻ってこない愛おしいものばかり。

ほんっと、この病気には散々いじめられました。

死ぬ、自殺する一歩手前まで落ちたこともあります。

家族も、病院の先生も、悲しませました。

色んな人に迷惑をかけました。

「どれだけ僕のものを奪えば気がすむんだ。」

こう、言ってやりたいです。

でも、こうも言ってやりたいんです。

「ありがとう」と。

矛盾してますよね、おかしいですよね。

でも、これが僕の本音なんですよ。

おかげさまでこの1年で、たくさんの人たちに出会えた。

みーんな、僕の大切な宝物です。

生き方も少し変わったのではないかと思います。

このままじゃいけないと、踏み込んで生きようとした。

そのせいで誰かを傷つけることを恐れて、立ち止まったりもした。

でもまた踏み込んでいこうとした。

誰よりも必死に、生きようとしていた。

なんか、思い返すと、そんな感じがします。

正直、休学して1ヶ月経っても、病状はあまり変わりません。

もどかしいです。

早起きして、運動もしっかりして、ブログに撮ってきた写真載せて。。。

これが僕の理想的な1日。

まだ、、、無理そうです。

休んでるといっても、多分病気と戦ってるんです。

いや、生きることこそが戦いなのかな。

じゃあ人は戦いをやめる時、一体どんな景色が見えるのだろう。

僕の病気が治った時、この眼には何が映るのだろう。

多分、いつもと変わらない景色が僕を待っててくれてるのかな。

僕、1つ決めたことがあるんです。

「誰よりも長生きしてやる」

親が死のうが、友人が死のうが、もしかしたら恋人、妻が死のうが、

誰よりも、誰よりも長生きしてやろうと思うんです。

だって、僕が死んだら悲しんでくれる人がいるから。

だから、決めたんです。

大切な人たちの泣き顔を見るのはごめんだ。

誰よりも長くしぶとく生き残ってやる。

ってね。

だから、うつとの戦いなんて人生のほんの一握りにすぎません。

これくらい乗り越えられないやつが、生き残れるわけがない。

だから、立ち止まっても、進んでる道が真っ暗で何も見えなくても、諦めない。

諦めないで、生きていこうと決めたんです。

その戦いの一部が、このブログなのかななんて思います。

ゴロゴロゴロゴロばっかり書いてるけど(苦笑)

時に嬉しいこと、時に悲しいこと、ゴロゴロすること、これからもたくさん書いていきたいな。

僕の好きな人たちのブログたくさん読みたいな。

と、まあこんな感じです。

なんか、纏まんない文章だなあ。。。

でも、僕らしくていいかな、、、なんてね。

戦う時はいつも1人、でも1人じゃないってこと。

感じてるよ。

明日からまた一歩ずつ、生きていこうか。