読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それはとても晴れた日で。。。

未来なんていらないと想ってた、うつと戦う17歳男子のブログ。

ある人へのメッセージ。


また会える日まで

 

 

「またあえる日まで 流れ星に願った  飾らない心で ずっといようよ」

「またあえる日まで 輝く星に誓うよ  出逢えた事を忘れはしない  またあえる日まで…」

 

 

今日の曲はゆずさんの「またあえる日まで」。

これを始めて聴いたのが確か幼稚園の年長だったころ。

小さいながらに、この曲いいなって思って、先生にわざわざカセットテープを借りに行ったのを覚えています。

ギリギリカセットテープ時代です。(笑)

この曲は、僕のある大切な仲間に贈ります。

それでは、本文に。

 

 

今日は日記ではなく、ある人へメッセージを贈らせていただきます。

他の読者様はわけわからないかもしれないですけど、許してくださいね。

あからさまに人目につくのが嫌だとおっしゃっていたのに、こんな勝手なことをしてしまってすみません。

どうしても伝えたいことがあったものですから。

どうか、このことを許してください。

 僕とあなたの付き合いは、2週間弱でしょうか。

ブログを終わらせる覚悟で書いてくれた文章、とても励まされました。

すごく、すごく嬉しかったです。

人目がつくのが嫌なのに、僕のところまで踏み込んできてくれて。。。

本当に感謝してもしつくせません。

ありがとうございます。

あの文章、実は最近でも読み返したりしてました。

何回も読みました。

だからそれを読めなくなることが、とても残念です。

たった2週間弱、とあなたは思うかもしれません。

でも僕にとっては、2週間弱もの長い付き合いなんですよ。

僕にとって1日はとても濃いものになっています。

ゴロゴロしているだけじゃんって思うかもしれませんね。

でも、違うんです。

他の方達のブログを読むことで、その人達の変化を感じることができる。

そうしていくうちに気づいたんです。

「あ、1日って、こんなにも変わるものなのか」と。

そして自分も1日の中で、変わり続けているのだと。

そう気づかせてくれた方々の中に、あなたも入っていたんですよ。

あなたも、僕の中の大切な仲間の1人なんです。

だからこそ、変わってはいけない、変えてはいけないもの、ありますよね。

まだ全部見つけられていません。

もしかしたら、一生かかっても見つけられないかもしれません。

でも、ようやく見つけたことがあります。

それは、「仲間を大切にし、信じること」。

あなたが僕を信じてくれたように、僕もあなたを信じてます。

だから僕は裏切られた?

いいえ、違います。

僕はあなたを信じてる。

見守ってくれてるんですよね。

僕がピンチの時には、匿名でもいい。

駆けつけてくれますよね。

なんて、無理押し付けてしまってすみません。

でももしかしたら、、、なんて期待を持ってしまうんですよ。

あなたがピンチの時に、僕が駆けつけられないというのはなんか悔しいです。

でも、あなたにはANKさん(この呼び方僕も呼ばせてください)がいますよね。

彼がいるなら大丈夫だろう。

僕はそう思います。

ANKさんも読んでらっしゃるんですよね。

お前なんかに言われなくても、なんて思っているかもしれません。

それでも、どうか彼女がピンチの時は、助けてあげてください。

よろしくお願いします。

僕も駆けつけたいところだけど、ANKさんに任せますね。

無責任かもしれませんが。。。

お別れの言葉は言いませんよ。

当たり前ですよね、だって見守ってくれてるんですから。

ただ、またどこかで会えたら嬉しいなと思います。

「またあえる日まで  

変わらないままで ずっといようよ」

変わり続ける中で変わらないものを抱きしめて、生きていきましょう。

それではどうか、これからもブログ「それはとても晴れた日で。。。」を、

よろしくお願いします!

 

 

 

 

またどこかで会える日を、楽しみにしてます。