それはとても晴れた日で。。。

未来なんていらないと想ってた、うつと戦う17歳男子のブログ。

One more time,One more chance

f:id:kurikinton1623206:20160309113144j:plain

 

 

昨晩NHKBSプレミアムで秒速5センチメートルが放送されましたね。

録画して午前中に視聴しました。

実は去年の今頃にも視聴しているので、とても懐かしい気分でした。

でも去年と今では、観ている時の心境も状況も全く違います。

あの頃の僕は彼女が好きで好きでたまらなくて、でも高校が違う事もあってもどかしくて悔しくて、それでも手を伸ばす勇気さえもなかった。。。

第一その時彼女には脈ありっぽい男子もいましたし、彼女の友人の中には僕のことが好きだという女子もいたし、手を出せるような状況ではなかったんですけどね。

 

 

高校に進学して新しく好きな子を作ろうと思っても、思い浮かぶのは彼女の姿だけ。

まるで呪いのようでもありました。

学校内でも電車内でも彼女の欠片を探してしまう。

そんなとこにあるはずもないのに。

 

 

僕は5月頃勇気を出して彼女にラインしました。

そこからです。2週間に一度程度でしょうか。

彼女と夜中までラインしたのは。

僕は夜は滅法弱くて、彼女は夜にとても強くて、

僕は眠くて意識が落ちそうになるのを耐えながらも、彼女とのラインはいつも嬉しく輝いていてドキドキしていました。

夜中になると決まって恋愛の話になるんです。

彼女は彼氏欲しいな〜。

僕は彼女欲しいな〜。って。

ラインする時は決まったようにそんな話していました。

僕はある日彼女に脈ありのサインを聞いてみたことがあります。

女子の脈ありのサインってどんな感じなの?って。

彼女は「私だったら毎朝その人に話しかけるかな〜」と言いました。

中学3年の3学期。

彼女は毎朝僕に話しかけてくれていました。

その時はそれが嬉しくて恥ずかしくてドキドキして。。。

一度彼女が眼鏡を変えた時、僕にずっと視線を送っていたんです。

僕は当然眼をそらします。恥ずかしかったから。

一人の女子が「○○ちゃん眼鏡変えたんだー!」と言った時僕は初めて気付きました。

彼女は「う、うん。」と言って僕から眼をそらしました。

その時の眼鏡姿の彼女は今も忘れられません。

 

 

それなのに今は。。。

お互いに冷めた関係で、僕ももう会いたいともラインしたいとも思いません。

むしろ面倒です。

彼女もきっとそうでしょう。

未読無視は当たり前。

いつ会える?と聞くと3日以上はラインを返さない。

僕もいつ会える?と送っておきながら実は会うのが面倒くさい。

 

 

なんでこんなになっちゃったのかなあ。。。

僕も彼女もお互いに好きだったハズなのに。

あのドキドキは、喜びは、一体どこへいってしまったんでしょう。

思いだすたびに、悲しくなります。

一体どこで間違えたんだか。

思い出の中の彼女はとても輝かしいけれど、

今の彼女には魅力を感じません。

もうダメですかね。やっぱり。

 

 

なんてこと考えながら、秒速5センチメートルを観ていました。

最後の山崎まさよしさんの曲。

One more time,One more chance

あの頃の僕は共感できる歌詞ばかりだったけれど、

今はもう共感できません。

1年ですごい変わったなあ。

僕はちゃんと前に進めているんだか。。。

 むしろ退化してるようにしか。。。(苦笑)

 

 

彼女とは近日別れようと思います。

ダラダラ続けても仕方ありませんしね。

もう決して、あの頃には戻れないのだから。。。