それはとても晴れた日で。。。

未来なんていらないと想ってた、うつと戦う18歳男子のブログ。

死にたがりの理由。

数学。

何もわからない。

時間だけが過ぎてゆく。

このままだと赤点だ。

赤点は春休みに補習と追試がある。

耐えられるわけがない。

授業だって耐えられなかったのに。

赤点とったら僕は本気で死ぬぞ。

 

 

母に「死にたい」といったら悲しそうに「○○が死んだらわたしも死ぬ」と言われた。

すごくツライ。

僕の周りの人には生きていて欲しいのに。

死ぬのは僕だけで充分だ。

 

 

明日休んだところでまた別の日にテストやらされるんだろう。

そして赤点とって補習決定だ。

もう未来が見えない。

精神科の先生は「あと少しだから」と何回も繰り返す。

僕はこの言葉を何ヶ月も聞き続けている。

実際僕もあと少しだと思っていた。

 

 

けど全然違うじゃないか。

希望なんて、未来なんて何もないじゃないか。

僕だって好きで死にたがっているわけじゃない。

ただ生きることがあまりにもツライから。

それこそ死ぬことよりツライからこんな死にたがっているんだ。

 

 

でも死ねない。

だって周りの人が悲しむから。

僕の周りはいじめて無視してくる奴ばかりで、

親は虐待ばかりしてくるようだったら僕はとっくにこの世を去っている。

でも違うから。

僕は恵まれすぎている。

周りの人間に。

皆いい人ばかり。

だから死ねないんだ。

それがとてもツライ。

 

 

明日は本当に学校に行きたくない。

でも休んでも何も変わらない。

じゃあ僕はどうしたらいい。

ODしても腕を切っても何も変わらないこの状況を。

 

 

何で僕はこんなに苦しまなきゃいけないんだ。

 さっさと死んで楽になりたいなあ。。。