決断、退学。

詩の公開は明日にさせてください。 すみません。 いずれ、、、こうなることはわかっていた。 学校を辞めるか、残るか。 その決断を、今日迫られた。 僕は正直に言った。 「辞めたい」と。 僕は、退学を決意した。 少し、ショックで悔しいけど。 両親は納得してくれた。 新しいスタートを応援してくれると言った。 ありがた…